ハイパワープローブステーション プローバー | ハイパワーデバイステスト|マウサー プローブシステム| 半導体デバイスモデリング| 大電力デバイスのオンウェーハ特性 プローブステーション

パワーデバイス測定

パワーデバイス測定

MPIの定義

縦型/横型トランジスタ、パワーダイオード、サイリスタ、などのハイパワーディスクリートデバイス およびハイパワーアンプの電気特定測定。

主な必要性能

500V以上の高電圧あるいは 1A以上(パルスまたはDC)の大電流を必要とする測定。

ウェーハ特性評価| 薄型ウェハの取り扱い

オンウェハーでのハイパワー測定は主に次のような課題に直面します。

  • チャックとウエハー・裏面の接触抵抗
  • 大電流によるパッド焼失
  • 高電圧、高温での低リーク測定
  • 高電圧放電対策
  • 極薄ウェハーの取り扱い
  • 安全対策

MPIのソリューション

MPIの ハイパワー・プローバーは 3kV(トライアキシャル)、10kV(同軸)、400A(パルス)までのハイパワーデバイスを最大300℃までの温度範囲で測定することが可能です。金メッキのハイパワー温度チャックは真空吸着用の穴が等間隔で張り巡らされており、50μmまでの薄いウェハーを安全にチャックに載せることが可能な上、チャックの吸着性が優れているため 縦型デバイスの RDS on 測定において低い接触抵抗を実現します。

マルチコンタクト型大電流プローブは接触抵抗を低減するだけでなく、電流を分布することによってパッド焼失を防ぎます。MPIの高電圧プローブは10kVまでの低漏れ電流耐電圧測定が可能です。高電圧放電に対応するため、フロリナート*・トレーあるいは放電防止プローブ・カードを使用するなどで放電無しの測定ソリューションを提供します。

MPIの ハイパワー・プローバーは ケースレー、キーサイト社SMUなど様々な計測器に対応するように設計されており、さまざまなテスト条件を素早くセットアップすることが可能です。

また安全規格にそった安全対策も万全です。

*フロリナートは米国3M社の登録商標です。

製品メニュー 閉じる